節約を心がけないと引越しの費用は多額になる

新たな賃貸へ引越したい場合、障害となるのはその費用です。賃貸を新しく契約するためには、最初から多額の費用を必要とします。

 

敷金や礼金、仲介業者に払う仲介手数料、引越し業者へ払う引越し代、さらには最初の月のための家賃、引き払うときの粗大ゴミ処理代など、あらゆる費用がかかってしまいます。

 

それらは比較的家賃の安いアパートへ引越すにしても最低で約20万円くらいはかかってしまいますので、お金がないと引越しはできないです。

 

私は今まで何度か引越しをしてきましたが、そのたびにこれらの費用がかかっているのでそこが心苦しかったです。

 

ある程度お金がかかるのはしかたないですが、もう少し安くならないものかといつも思います。

 

引越しにかかる費用で節約できそうなのは、礼金、引越し代などです。

 

礼金はゼロのところが最近は多くなってきていますし、引越し代はできるだけ荷物を減らすことができれば小規模な引越しパックを利用して節約できます。

 

もしもこれらを節約することができれば、数万円単位で費用を減らすことができます。

 

その数万円があるかないかは引越しにかかってしまう総額費用に大きく影響しますので、妥協することなく節約にこだわらないと損をしてしまいます。

 

特に、引越しのときの荷物を減らすことは、普段の努力で何とかなります。普段から荷物を溜めこまないようにして不要な物はすぐに処分するのです。

 

そうすれば、荷物を減らして引越し代が節約できます。ですので、これからはなるべくそうしたいです。

 

《引越しお金がない.net》